代表紹介

かがやきヒーリング 医院長

代表 吉野克弘の紹介

【僕がセラピストをめざした理由】

高校生の頃、X Japan のヨシキさんにあこがれてドラムをはじめました。

今では、想像できないとよく言われますが、バンドを組んでライブハウスで演奏してました。

ボーカルが歌がうまく、オリジナルで作った曲がラジオにながれたこともありました。

しかし、叩き方が悪かったようで、腰痛になりました。

腰痛になり、医者に行っても治らず、近所の接骨院に通っても良くならず困り果てていました。

整体院に行ったら一回で治りました。

この技術を取得したいと思い、整体師を志しました。

【資格取得と職歴】

高校卒業後に整体学院に通い、気功、整体、心理カウンセリング、催眠療法、トレーナーなどの資格を取得しました。

学生時代よりマッサージ院で仕事したり、トレーナーの先生について競輪選手やバレーボールの実業団の選手をみさせていただきました。

その後に医療の中心は接骨院や整形外科と感じていたので、東京の板橋にある接骨院、埼玉にある整形外科で経験をつみました。

順調に技術を習得し、日に15人位の方をこなすようになりましたが、医療業界に違和感を感じ始めました。

医療機関で仕事していると患者さんと先生のこんな会話を耳にします。

患者さんの「先生治りますか?」の問いに、「としですから」とそっけなく答える医療関係者。

そんな医療現場に疑問を感じました。

僕自身、医師に負けないように勉強しましたが、知識を得れば得るほどに、患者さんと向かい合って話せなくなっている自分に気がつきました。

患者さんの言葉に耳を傾けようとせず、悪いところばかり追いかけていました。

何かが違うと感じ24歳の時に医療現場を離れ、オーストラリアのメルボルンに一年滞在しました。

そこで英語を覚え色んな国々を旅して回り、色々な民間療法を勉強しました。

 

【現代医学の知識と、幸せに長生きされている人】

色々な国を旅して驚いたことは日本からみると貧しいと思われている国でも、健康で長生きしている人が沢山いるということ。

何よりもすきとおった目の輝き。

「私は幸せです」と話す健康長寿からたくさんの事を教わりました。

気付かされたことは、健康で長生きされている方には特徴があるということ。

病院にいった事がなくても長生きされている方が沢山いました。

日本の医療水準の高さが長寿国家を作り上げました。

しかし病院は必要な存在ですが、「医療=健康」ではないということ。

幸せに生きている人は幸せに生きる共通点があり、健康でお元気な方は同じように共通点があります。

気功ヒーリング、心理カウンセリングなどの技術は「お客様に健康になってもらいたい、幸せになってもらいたい」そんな思いがあって技術はいきるのだと痛感させられました。

中国で本場の気功を体感しました。

中国では朝から体を動かしたりして、体内の「気」の流れをよくしている人が多かったです。

体の痛いところや重だるいところがあると、体をのばしたりします。

日常生活の中で、「健康を育てる」そんな大切なことを教わりました。

インドネシアのバリの観光地では「マッサージ! マッサージ!」と言って手をとり、お金をもらおうとする現地の人達。

反対に僕が「こうした方がいいよ。」なんて、ツボをとりながら気を流すと

「あなたプロフェッショナルね。」こっちも痛いからこっちも治して。

人が集まってきて「私もやって」「私も」と、人だかりができた事もありました。

オーストラリアでスピリチュアルの力がすごくある方とお会いしました。

「あなたは神様に愛されています。」と言われました。

両親共に無宗教で、当時の僕は全く目に見えない世界の事に興味がありませんでした。

しかし、なぜかこの言葉がずっと記憶の片隅に残っていました。

 

【独立】

2009年31歳の時に独立し、心と心の会話を大切にするようになりました。

心と体の両面をみることで、自律神経失調症や更年期障害などの症状が早く改善できたり、気功ヒーリングを取り入れることで耳鳴りやメニエールなどの疾患も比較的改善できるようになりました。

開業2年目位から末期ガンの患者さんやパーキンソン病などを頼まれてみるようになりました。

死を直前に控えた人は「死んでしまったらどうなるのだろう」と言葉にはしなくても、不安を感じています。

心理カウンセリングだけでは対応しきれません。

そんなある日、78歳の末期ガンの患者さんはとても不安そうな表情をしていました。

僕はこう伝えしました。

「天国は愛と感謝の世界です。こうしてご家族やお友達に支えられて生きてこられた事に感謝の気持ちを持ちましょう。」と。

不安な表情はなくなり、一週間後にお会いしたときにはすんだ優しそうな目に。

その後に僕は尋ねました。

「お体が自由なうちにやっておきたいことありますか?」と。

その方は全身にガンが広がってしまっているにも関らず「料理を作りたい。子供や孫が少しでも健康でいてほしいから。」と答えられました。

それから死をむかえる3ヶ月前まで、台所に立ちお料理を作られていたそうです。

 

私達の命って、こんな風にしてつながっているんだと感じた出来事でした。

一つの命には沢山のご先祖さんからの思いがつまっていることを実感させられました。

悩んでいる人にこんな話をしていたら、口コミで広がりスピリチュアルカウンセリングを頼まれるようになりました。

 

開業5年目を迎えた今では、気功教室では元気な笑い声が聞こえてきます。

何人かの教え子が育ち、活躍できるようになるまでになっています。

 

気功ヒーリング、心理カウンセリングなどの技術を伝えながら、

技術をこえ、心の豊かな人の集まる和を広げていきたいと思っています。

心の豊かな人たちのつながりをはぐくむ「かがやきヒーリング」。

あなたとお会いできることを心よりお待ちしています。

 

●代表プロフィール

吉野 克弘  1978年3月8日生まれ

【資格】    気功、整体、心理カウンセリング、トレーナー

【勤務経歴】 治療院千、滝野川整骨院、鮫島整形外科、トヨタ系健康保養所

【講師経歴】 MDX整体学院「機能解剖学」、岐阜新聞カルチャーセンター

  関市 岐阜市 美濃市 生涯学習講師、

【講演経歴】 NPO法人手のひらの会「家族が幸せになった一言」、

 関市「未来が明るくなる実用心理学」

 関市中央ロータリークラブ「健康長寿の秘訣」

 関市田原小学校家庭教育学級「気分がスッキリして子育てできるなるための心理学」

 【顧問契約】 学習塾専任カウンセラー(2016年3月現在)

【公的機関】 岐阜県商工会議所 エキスパートバンクの専門派遣員

岐阜県商工会連合会 経営・技術強化支援事業に係るエキスパート専門員

岐阜県出会いの場提供の認証団体